医療機関での脱毛と脱毛サロンでの脱毛

脱毛をする場合、脱毛サロンが直ぐに頭に浮かぶことでしょう。しかし、美容クリニックなどの医療機関でも脱毛をしています。ここで、この2つの違いを説明していきましょう。
効果・・・医療機関では、医療機関だけで許可されている医療用の脱毛専用レーザーや光エネルギーを使って施術を行います。これらは脱毛サロンで通常使用している光脱毛の機械よりも威力が強く、毛根を破壊していきます。毛以外の部分に影響することがない施術ですので安全で、且つ綺麗に脱毛することができます。脱毛効果の点では医療機関の脱毛効果が高いといえますが、脱毛サロンでは、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できますから、どちらを選ぶかはその人次第でしょう。
痛み・・・脱毛をする人が気になるポイントですね。これは脱毛効果が高く、機器の威力が強い医療機関の施術の方が痛みが強いと言えます。痛みに敏感なかたは、迷わず脱毛サロンに行くことをおススメします。脱毛サロンでも痛みが気になる方もいますが、こんな方は、体験脱毛をしてみるといいでしょう。キャンペーンなどで、安価で行っているところがありますから、実際に施術を受けてみることをおススメします。
早さ・・・医療機関のほうが、威力の強い機器で施術をしますから、短期間で終わることが出来ます。脱毛サロンではどうしても長期になってしまいます。
料金・・・一番気になるところですね。脱毛サロンのほうが、低い価格帯と言えます。しかし、医療機関の方が、短期間で脱毛を終えることが出来ますから、トータルで考えた場合には、どちらが安くなるかは、変わってくるでしょう。また、脱毛サロンでも、いろんなコースが設定されていて、美容にかんするケアが厚いコースなどは、それなりに高くなりますから、一概にどちらが高いかは言えないところでしょう。
医療脱毛と、脱毛サロンの施術では、上記のような違いがあります。この他にも施設の雰囲気、スタッフの対応やサービスなども加味してどちらを選ぶかよく考えてみましょう。

これから脱毛を始める方は、インターネットで、必要な金額やまた施術の方法などの情報を予め集めておくことをおススメします。医療機関で脱毛をするのか、それとも脱毛サロンで行うのかは、まず決めておくべきことでしょう。医療機関での施術は、効果が高いですが、痛みが強いと言われています。また施術費用はサロンよりも高くなります。しかし、通う期間が短いですから、一概に医療機関が高いとは言い切れないところがあるのです。医療機関での脱毛と、脱毛サロンでの脱毛には、メリットもあれば、デメリットもあります。どちらがいいかは、本人次第と言えるのです。さて、脱毛サロンに関して、インターネットで情報を集めていくと「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」という脱毛方式があることに気づくことでしょう。この2つの脱毛はどちらも光脱毛です。詳しく方式について説明しましょう。

「S.S.C脱毛」・・・痛みが少ない肌に優しい脱毛法です。毛の成長を抑制するジェルを使います。まず、ジェルを脱毛したい箇所に浸透させ、上から光りを当てていきます。そうして、ジェルと照射の相乗効果によって、生えてくる毛の成長を抑えていきます。ジェルを使うことで、美肌効果も期待できます。この施術は、直接毛根の組織を破壊するわけではありません。ですから、肌のダメージ、また痛みがほとんどありません。特に、顔、VIOゾーンなどのデリケートな部分の脱毛に向いている脱毛法といえるでしょう。

「IPL脱毛」・・・光エネルギーを使う脱毛方法です。これは、毛根にダメージを与え、毛が抜け落ちるように促していきます。日本で最初に紹介され利用されるようになった光脱毛方法です。「S.S.C脱毛」よりは、威力がありますから、痛みは感じるかもしれません。ただ、医療機関の脱毛とは違い、出力が低いので、火傷や痛みの心配はありません。

どちらの施術法がいいのかは、人それぞれです。ただ、痛みに敏感なかたは、「S.S.C脱毛」を選ぶ事をおススメしたいです。